澤邉司法書士事務所|つくばの魅力も再発見!!

茨城県つくば市で司法書士をお探しなら、澤邉司法書士事務所へ。相続手続き、遺言書作成、株式会社合同会社等会社設立等の商業・法人登記、売買贈与等の不動産登記、動産譲渡登記・債権譲渡登記、民事信託など、お気軽にご相談ください。懇切、丁寧に対応いたします。
 029-863-7360
お問い合わせ

インフォメーション

2021 / 11 / 14  14:41

もう5周年、ご覧いただきありがとうございます

 このHPを作ってから、もう5年です。

とても多くの方に見ていただいています。ご愛顧、ありがとうございます。

 

 毎年書いていますが、つくばの魅力を多くの方にご覧いただくことも、このHPのコンセプトにしています。

そのきっかけになったのが、つくばウェルネスパークの前の通りのイチョウの紅葉です。

今年はどうかなと思っていましたが、今年は例年よりも色よく紅葉しています。

ほとんど恒例になっていますが、今年もUPしますので、ご覧ください。(R3.11.13 撮影)

DSCF0179×15%.jpg

DSCF0200×15%.jpg

DSCF0239×15%.jpg

 

 

2021 / 11 / 04  18:25

晩秋

 先日、あまりにも天気がいいし、緊急事態宣言が解除されたこともあり、久しぶりに筑波大学近辺を散歩しました。

ちょうど、木々も色づき始め、秋らしくなってきました。

何枚か風景を撮りましたので、ご覧ください。

DSCF0021×15%.jpg

 

DSCF0020×15%.jpg

 

DSCF0032×15%.jpg

 

 

2021 / 10 / 20  13:48

R3.11.17 つくば市商工会会員向け無料相談会のご案内 2021年度

 つくば市商工会の会員向けに、司法書士・弁護士による無料相談会が開催されます。

本年度第3回の相談会となります。

 

日時 ◎司法書士相談 令和3年11月17日(水)14時~16時 (申込締切 11月10日)

   ◎弁護士相談  令和3年12月16日(木)14時~16時 (申込締切 12月9日)

定員 各日4名(1名30分程度)

会場 つくば市商工会会議室(つくば市筑穂1-10-4 大穂庁舎2階)

お問合せ つくば市商工会

 

 司法書士は、相続、遺言、贈与などによる不動産の名義変更だけでなく、会社の登記、会社の企業法務に関するものまで

さらには、成年後見など広く財産管理に関するものまで、ご相談に応じますので、是非ともご利用ください。

 

 今回も新型コロナウイルス感染症の状況によりオンライン等での相談となる場合があります。

詳しくは、下記のチラシをご覧ください。

R3.11.17つくば市商工会無料相談会.jpg

 

 

2021 / 09 / 19  15:06

台風一過

 今日は台風一過で久々にいい天気になり、気持ちがいいので、少し気分転換に出かけました。人流がまったくないところへ。

ずっと緊急事態宣言中で、夏祭り、盆踊りなどのイベントもほとんどが中止となり、季節を全く感じないまま秋になってしまいました。

人が巣ごもり生活をしている間も季節は進んでいます。

北条米もしっかりと豊作のようです。庭の柿もおいしそうです。

ご覧ください。

DSC02370×20%.jpg

 

DSC02376×20%.jpg

DSC02390×20%.jpg

 

 

2021 / 09 / 13  19:48

世の中、進歩していると実感した瞬間

 R3.9.11(土)13時~17時 一般社団法人 日本財産管理協会の主催で、第13回専門実務研修会が開催されました。

テーマは、「会社法と商業登記規則の改正にまつわる実務解説~電子契約への対応ノウハウを含めて~」です。

約300人のZOOM参加者があったそうです。

 

 まずは、前提の知識です。

最近「電子契約」というものが流行ってきているそうです。

これまで契約をするには、契約書を作成し、当事者が判を押すというのが一般でした。と言うか、それしかありませんでした。

 ところが、最近は、契約書を電子化(PDF化)して、それをインターネットを経由して相手方に送って、それを受け取った相手方当事者が契約内容に同意し、さらに特定の事業者がクラウド上でそれにその事業者の電子署名をすることで契約が成立するというパターンが多くなってきているそうです。コロナ禍の中、必要に迫られている脱ハンコ、リモートワークの流れに後押しされたとも言えます。

 ちなみに、電子署名とは、PCの画面に映る赤い印影(電子印鑑)ではなく、一定のアルゴリズムにより暗号化することを言います。暗号化することで、インターネットの途中でその情報が傍受されたとしても、内容が分からないようにし、また改竄されないようにしているわけです。近時は公開鍵暗号化方式が一般化しています。

 

 それと商業登記規則の改正がどう関係するのか、という声が聞こえてきそうです。

 端的にいうと、電子署名が付された株主総会議事録PDF、あるいは取締役会議事録PDFで登記をするという時代が来ているということです。

 これに対しては、今現在でもオンラインで登記申請ができるのだから、その議事録PDFを法務省オンライン申請システムで送信すれば問題はないのではないかと言う方もいるかもしれません。

 問題はそう単純ではありません。登記申請に際して司法書士は電子署名された議事録PDFの真正性を確認しなくてよいのか、ということになります。もし、確認しなくてよいということであれば、司法書士は単なる子供の使いに過ぎないことになります。確認するにしても、紙で作られているならば、その紙を目で見て、使われている印鑑と印鑑証明書とを照らし合わせて、本物かどうか確認するのは容易でしょう。

 

 ということで、会社の登記でも、紙の議事録ではなく、電子化された議事録で登記申請ができる体制が進められています。

 もちろん、電子署名の付された株主総会議事録、あるいは取締役会議事録が真正なものであるのかを、司法書士が検証できるシステムも作られています。使われている電子署名が、商業登記電子証明書であったり、あるいは公的個人認証電子証明書、さらには電子契約サービスにより民間事業者の利用する電子証明書であっても然りです。これってスゴクないですか!数年前なら全く想像もつかないことが着々と進行してます。

 PCの画面に映る赤い印影が電子署名ではないですよ、電子署名は暗号化です・・・などと悠長なことを言っているうちに登記申請、さらには広く法律の中にデジタル化が着々と浸透してるといえます。

 

 世の中、日々進歩している! しっかりと対応しないと、時代に取り残されると実感した研修会でした。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2021.11.28 Sunday